Emira Journal

万年筆やノートが好きな会社員 in マレーシア

【エアアジア】プレミアムフレックスとラウンジのレビュー

f:id:emirakb:20190701211157j:plain

今年2月、突然決まった出張と旧正月が重なり、ANAの座席が取れなかったのでエアアジアで行くことになった日本出張。
可哀想だと思ったのかエコノミーではあるんですがプレミアムフレックスというパッケージでチケットを取ってくれていて結構よかったのでレポします。

何もついていない+座席が狭い代わりに安く旅行できるというLCCですが、短距離はいいものの7時間かかるマレーシアくらいの長距離路線だと色々準備してないと結構厳しいです。

1.プレミアムフレックスチケットとは

エコノミーのプレミアムフレックスにはこんなものがついています。

・優先搭乗
・専用チェックインカウンター
・PREMIUM RED LOUNGE利用権(3時間)
・機内食(一食)
・ホットシート(前方静かで広めのスペース)

ビジネスクラスだけしか使えないと思っていたラウンジ利用権がこのパッケージだとエコノミーでもあるんです。
このレッドラウンジはエアアジア本拠地のマレーシア・KLIA2の出発ホールにしかないので注意してください。
ちなみに79リンギ(2,200円くらい)払えば普通のチケットでも利用することができます。

2.ラウンジでできること

このラウンジが結構わかりにくいところにあるんですよね。
出国審査を抜けて突き当りをまっすぐ行くと、搭乗口に降りていくエスカレータがあるんですけどその左手です。
ちなみに右手はフードコートになっています。
あまりにもひっそりとしていて最初入るのをためらいました。(写真撮り忘れた)

・Wi-Fi
パスワードはカウンターで頼むと紙がもらえますのでお忘れなく。

・食事&ジュース(ビールは有料)
f:id:emirakb:20190701210716j:plain
コーラ(通常とライト)とスプライトは缶で置いてあり、コーヒーやお茶も飲み放題です。
f:id:emirakb:20190701210651j:plain
タイガービールは有料で15リンギ(420円くらい)かかるので、飲みたい人はカウンターで支払いが必要です。
f:id:emirakb:20190701210746j:plain
f:id:emirakb:20190701210756j:plain
この日軽食は食べていませんがチャーハンなど料理系が3種類とサラダが置いてありました。

・パソコンコーナー
パソコンは3台くらい置いてあったと思います。

・謎のVIPルームもある
f:id:emirakb:20190701210948j:plain

・睡眠スペース
f:id:emirakb:20190701211051j:plain
二階があったので何かと思って上がったら土足厳禁の睡眠スペースになっていました。
f:id:emirakb:20190701211018j:plain
飲食物も持ち込み禁止と張り紙があったので、寝るだけですがゆっくりできそうな良いスペースでした。

・シャワー
これがどこにあったのか…気づきませんでしたがポスターにはシャワー室があると記載がありました。
無料だそうです。深夜便を利用される方ならいいですね。

f:id:emirakb:20190701211128j:plain
写真でご覧いただくとわかるようにガラガラでした。
旧正月と言えど出国ラッシュとはずれていたのと中途半端な時間だったせいだと思っています。
そんなに広い場所でもないんですけど私も含めて6組くらいしかいなく、静かでおしゃれなカフェといった感じでした。

通常キャリア側のラウンジだと結構人がいたりごちゃごちゃしていますが、お金を払っては入れるラウンジであるプラザの一般料金が5,500円くらいなので、それの半額であのクオリティとなると私としては完全にアリです。
ラウンジの外でコンセントや座る場所を探し回る労力を考えたら2,200円は安いかもしれません。

ラウンジではアナウンスも何も無いので時間管理はしっかりと自分でして乗り遅れないように気を付けてくださいね!

3. プレミアムフレックスの他の特典について

3-1.優先搭乗

私はいつも通路側で最後の方に搭乗したい人なので、これについては必要ありませんでした。
優先搭乗って嬉しいもの?

3-2.専用チェックインカウンター

元々チェックインはオンラインでしなければいけないLCCですが、問題は預け入れ荷物です。
タグを機械で印刷して長蛇の列に並ばないといけません。
今日も混んでるなぁと思いながら並びにいったらプレミアムフレックスは別のところでできると案内されました。

たしかにガラガラなんですが、全自動です。
搭乗券をかざして、荷物についているタグのバーコードを読み取ったら荷物が吸い込まれて行きます。
ここまで人に会わずに行けるため注意しないといけないのが、控えのバーコードシールをちゃんとタグから取ることです。
控えのレシートもありませんので吸い込まれてしまった後に気付いても後の祭り。
到着地で無事に荷物がでてくるのを祈るだけです。

そんなことになるのは私だけであってほしいですね。
羽田の国内線で利用した自動の機械だとレシート出てきたような気がするんですけど…。
みなさんも気を付けてください。

3-3. 機内食(一食)

f:id:emirakb:20190701211609j:plain
食べかけですみません。
ちょこちょこといろんな航空会社から飛行機乗ってますが、エアアジアの機内食が一番おいしいです。
やっぱり機内販売で利益を出さないといけないからでしょうか、2、3回くらいしか食べたことありませんが外れ無しです。

今回のメニューは会社が注文してくれていたチキンライス。水もついてます。
美味しかったです。
フルーツやケーキなんてついていない、これだけのシンプルなものですが結構ボリュームがあって満足度は高いです。

3-4. ホットシート(前方静かで広めのスペース)

LCCあるあるでエアアジアも前の座席とのスペースが狭くて結構圧迫感があるんですが、ホットシートのエリアだとちょっと広いんです。

しかも良いことにエコノミー最前列だったのでまっすぐ足が伸ばせました。

ひじ掛けが上げれなかったり、テーブルがちょっと不安定だったり、荷物は必ず上にあげないといけなかったりしますが、朝便や昼便の寝なくてもいいフライトならいいと思いますよ!

4. 予算と相談してOKならプレミアムフレックス悪くないです

詳しくは聞いてませんがプレミアムフレックスのエコノミークラスはANAにかなり近い価格だったそうです。
フライト中の飲み物などは有料でエンターテイメントも何もありませんので、席代とどれだけ乗るまでを快適に過ごせるかというところにかかってきますね。

私自身はギリギリに空港へ着くのが嫌で、少し早めに行ってラウンジで時間をつぶすのが好きなので割と良かったです。

ただ、日本発ではラウンジなど何もありませんので優先チェックイン以外はクアラルンプール発でしかメリットを感じられないというところも注意が必要ですね。
自腹で同じ価格だったらマイルも貯まるしやっぱりANA乗るかなーって思います。
手荷物制限も厳しいですからね。
(空港内で買うお土産も含めてすべてで7㎏以内に収めないといけません!チェックインカウンターで気を付けるよう説明されました。)

今回のようにエアアジアしかチケットが残っていないなんて場合はプレミアムフレックス、良いと思います。